ミュージックマウス

ちゅーちゅー(ねずみ)による音楽情報ブログ。歌詞やライブだけでなくMVの世界観やストーリーにも注目するブログです。

【MV考察】欅坂46「エキセントリック」から学ぶスクールカーストとは?

f:id:choochoo0814:20190721160818p:plain
こんにちは、ちゅーちゅーです。

 

皆さんスクールカーストという言葉はご存知でしょうか?

今回はスクールカーストについての曲とも言える欅坂46の「エキセントリック」という曲のMVを考察してみます。

ちなみにこの曲は最近UVERworldのボーカルのTAKUYA∞がインスタでカバーしている様子を投稿したことで話題沸騰となっています。

 

www.youtube.com

 

 

 

1.スクールカースト、エキセントリックとは?

スクールカーストとは、現代の日本の学校空間において、生徒の間に自然発生する人気の度合いを表す序列を、カースト制度のような身分制度になぞらえた表現

・wikipediaより

スクールカーストとは、このような意味を持っています。自分が中学・高校の時もクラスでスクールカーストというものが存在していた気がするため理解できます。

 

性格などが風変わりなさま。奇矯(ききょう)なさま。「エキセントリックな行動」

・コトバンクより

一方、曲のタイトルにもなっているエキセントリックとは一言でいうと変わり者という意味を持っています。つまりこの曲は自分が変わり者の為にスクールカースト最下位に属してしまい苦しむ曲と考えられます。

 

2.PVと歌詞から読み取るスクールカースト

 この曲は歌詞だけでなくPVにも工夫されておりスクールカーストの表現が非常に分かりやすくされています。最初から順番に見ていきましょう。

ちなみに歌詞の全文は以下のリンクにあります。

www.uta-net.com

 

※ちなみに以下からは自分なりの勝手な解釈であって、正解とかでないので、そこのところはご了承ください。

・1番Aメロ

あいつがああだって言ってた
こいつがこうだろうって言ってた
(省略)
訂正したところで
まと同じことの繰り返し

もう、そういうのうんざりなんだよ

※エキセントリックの歌詞より 作詞:秋元康

f:id:choochoo0814:20190721155802p:plain

エキセントリックのPVより(48秒)

このシーンでは平手さんがうなだれています。これは歌詞から周りの噂話にうんざりしているからと考えられます。

中学・高校のクラスでよくある噂話ということですかね。軽い噂話でもあっという間に広がって孤立してしまうから怖いですよね。

 

・1番Bメロ

f:id:choochoo0814:20190721160818p:plain

エキセントリックのPVより(1分)

このシーンは山のようになっている為、まさにスクールカーストの山を表していると思われます。

スクールカーストの山とは下記のようなものです。

f:id:choochoo0814:20190721161118j:plain

スクールカーストの山の図

それにしてもスクールカーストの頂点に立っている志田さんの顔が怖いです笑 

 

世間の声に耳を塞いで
生きたいように生きるしかない
だから僕は一人で
心閉ざして交わらないんだ

※歌詞より

f:id:choochoo0814:20190721161357p:plain

エキセントリックのPVより(1分20秒)

この檻に閉じこもっている場面は歌詞と今までの流れから、クラスの声が怖くて閉じこもっていると思われます。または心を閉ざしているとも見れます。

スクールカーストで言ったら、最下位層なんだろうと考えられます。

 

・1番サビ

I am eccentric 変わり者でいい
理解されない方が よっぽど楽だと思ったんだ

※エキセントリックの歌詞より 作詞:秋元康

f:id:choochoo0814:20190721164200p:plain

エキセントリックのPVより(1分27秒)

一人だけ学校という閉鎖空間(スクールカースト)から抜け出し、自分を縛るゴムを外しています。
また、靴どころか靴下も脱げていることから"エキセントリック"さを表しています。平手さんはまっすぐ歩いていることから自分の道をどんどん歩いていると解釈しています。

 

・2番Aメロ

あれってああだって聞いたよ
ホントはこうらしいって聞いたよ
※エキセントリックの歌詞より 作詞:秋元康

f:id:choochoo0814:20190722081140p:plain

エキセントリックのPVより(1分50秒)

f:id:choochoo0814:20190722081254p:plain

エキセントリックのPVより(1分56秒)

シルエットから伝言が始まっている為、誰が元ネタなのかよく分からない根拠ない噂話が広がっていると考えられます。

  

肯定も否定も嘘も
都合のいいようにされるだけ
もう、そういうの勘弁してよ
※エキセントリックの歌詞より 作詞:秋元康

f:id:choochoo0814:20190722081857p:plain

エキセントリックのPVより(2分16秒)

周囲の噂話でますます心を閉ざしていくことが分かります。

 

・2番Bメロ

嘘とか欺瞞(ぎまん)に溢れる世界

※エキセントリックの歌詞より 作詞:秋元康

f:id:choochoo0814:20190722082303p:plain

エキセントリックのPVより(2分23秒)

学校(スクールカースト)の世界から逃げ出すが道が塞がっており逃げ出せない様子から、PVと歌詞より結局のところ学校(スクールカースト)の世界から逃げ出せないことが描かれています。

f:id:choochoo0814:20190814200119p:plain

学校や世間の圧力で、思う道を進めない菅井の表情はなんとも言えないです。

  

キレイな川に魚はいないと
したり顔して誰かは言うけど
そんな汚い川なら
僕は絶対泳ぎたくはない

※エキセントリックの歌詞より 作詞:秋元康

f:id:choochoo0814:20190722082656p:plain

エキセントリックのPVより(2分35秒)

f:id:choochoo0814:20190722082733p:plain

エキセントリックのPVより(2分39秒)

 このシーンでは上に座っている人が変わっていて、逆に1番のシーンで上に座っていた志田さんが跪いていることからスクールカーストが逆転したと読み取れます。

2番メロで志田さんが噂話を吹き込まれていたから、噂話により逆転したかもしれないです。

 

f:id:choochoo0814:20190722085003p:plain

エキセントリックのPVより(2分40秒)

このシーンは意見の対立を表していると思われます。

 

・2番サビ

I am eccentric 変わり者でいい
普通なんかごめんだ 僕は僕でいさせてくれ

※エキセントリックの歌詞より 作詞:秋元康

f:id:choochoo0814:20190723081700p:plain

エキセントリックのPVより(2分54秒)

この場面では、右端の人(小林由依)に誰かが打った輪ゴムが当たったが皆スルーしていることから、いじめがあっても皆見て見ぬふりをしていることが読み取れます。 

 

f:id:choochoo0814:20190723082441p:plain

エキセントリックのPVより(3分1秒)

周りを気にせず自分の道を歩き続ける平手さん。

 

f:id:choochoo0814:20190723082519p:plain

エキセントリックのPVより(4分37秒)

平手さんがひたすら自分の道を歩き続けた先はなんと海で行き止りでした。結局のところ学校の世界(スクールカースト)には逃げ場がないことが分かります。

 

 

以上です。

この曲はクラスの闇を上手い具合に描かれていて好きです。恐らくスクールカーストに関してここまで描けている曲はエキセントリックが初めてではないでしょうか。

この曲のMVの魅力がより伝わったら幸いでございます。 

 

 

 にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村