ミュージックマウス

ちゅーちゅー(ねずみ)による音楽を中心とした雑記ブログ。歌詞やライブだけでなくMVの世界観やストーリーにも注目します。

爽やかだけど切ない応援歌!back number「SISTER」の歌詞を徹底考察してみる

f:id:choochoo0814:20190728132055j:plain

こんにちは。ちゅーちゅーです。

今回はback numberのSISTERという曲をレビューします。

この曲は、back numberの12枚目のシングルで、「ポカリスエットイオンウォーター」CMソングであります。

とても爽やかなイントロながら歌詞は切なくなっています。

www.youtube.com

  

1.歌詞

歌詞は以下の通りです。

www.uta-net.com

 

2.考察

2-1.一番メロ

無神経なタイミングで
振り出して街を濡らす雨
君気付かないふりをして
高く帆を張って渦の中へ

※「SISTER」の歌詞より 作詞:清水依与吏

 雨=悲しみという意味ではないでしょうか。突然のタイミングで悲しみがやっくるが、それに対して気付かないふりをして更に進んでいくと解釈が出来ます。

 

とっておきのアイデアは
無機質な言葉で蹴飛ばされ
君は気にしないふりそて
笑ってもっと渦の奥へ

※「SISTER」の歌詞より 作詞:清水依与吏

こちらも頑張っていてもすぐに批判されるが、この曲の主人公はそれでも気にしないふりをして、笑いながらもどんどん悲しみの奥へ入っていくと考察します。

この曲に何回か出てくる渦は悲しみと解釈しましたが、社会とも解釈出来そうです。

 

2-2.1番Bメロ

戦う為に理解して砕いて本当は痛くて
目を閉じて自分に 大丈夫 言いきかせた

※「SISTER」の歌詞より 作詞:清水依与吏

 社会や悲しみと戦うために、情けない自分に対して大丈夫と言い聞かせて一歩踏み出そうとしていることが歌詞から解釈出来ます。

 

2-3.1番サビ

風の無い空に飛び出して
乾いた海を泳いで傷ついてまた
君は光を放って行く
負けないで
君が瞬きで隠した痛みをその想いを
ああ 僕は知っているから

※「SISTER」の歌詞より 作詞:清水依与吏

風のない空、乾いた海というのはあまりいい空間ではないということが分かります。なぜなら、空は風でなびいているイメージがあり海は潤いがあるイメージがあるからです。

そんな中で君は光を放っているという歌詞が続くため、辛い社会の中でも頑張っている姿が輝いて見えると解釈が出来ます。

「負けないで~僕は知っているから」 は、痛みを隠して強がりつつも頑張っていることは僕は知っているから負けないでという応援が込められていると感じます。

 

2-4.2番Aメロ

降りかかった憂鬱は
洗ったって落ちてはくれなくて
君は構わないふりして
速度を上げもっと先へ

※「SISTER」の歌詞より 作詞:清水依与吏

2番も1番Aメロと同様に悲しみに対して気にしないふりをして頑張っている姿が解釈出来ます。

 

2-5.2番Bメロ

綺麗なままじゃ辛くて
優しさはいつもあだになって
滲んでいく自分に 大丈夫 言いきかせた

※「SISTER」の歌詞より 作詞:清水依与吏

「優しすぎる=周りに気をつかって気にしないふりをしている」ためにそれがあだとなって苦しんでいるけど1番と同様に大丈夫と言い聞かせて一歩進んでいる姿が浮かびます。

 

2-6.2番サビ

目指した雲はずっと高くて
夢見た島は遥か遠い場所だと知ってて
分かってて踏み出してきたんだから
負けないで
君が瞬きで隠した痛みをその想いを
ああ 僕は知っているから

※「SISTER」の歌詞より 作詞:清水依与吏

 目指した雲=夢でしょう。夢に向かうのは辛いと分かりつつも一歩踏み出してがん亜bろうという姿が描かれています。「負けないで~僕は知っているから」も僕は悲しみを背負っていることを知っているよというメッセージが込めらえていると感じます。

 

2-7.終盤

地下鉄の窓に映り込む 疲れ切った逆さの君が
君の為にこの歌を歌ってる

泣かないで
君が費やしたすべてが意味を持つその時まで
あの雲の先できっと きっと

※「SISTER」の歌詞より 作詞:清水依与吏

地下鉄の窓=自分の本当の姿と解釈出来ます。その為、本当は社会で疲れ切っている君の為にこの応援歌を歌っていると解釈出来ます。「泣かないで~」の部分では今までの努力は無駄にならないという意味が込めらえているように見えます。

 

風のない空に飛び出して
乾いた海を泳いで傷ついてまた
君はまた光を放っていく
負けないで
君が瞬きで隠した痛みをその想いを
ああ 僕は知っているから

※「SISTER」の歌詞より 作詞:清水依与吏

 最後は1番サビと同様の歌詞が登場します。

やはり厳しい社会の中でも頑張っている姿は誰でも輝いて見えるということを伝えたかったでしょうか。

 

3.まとめ

SISTERの解釈は以上です。

イントロは爽やかなのにこんなにも励まされる歌詞は素晴らしいです。

こんなにも歌詞が素晴らしいのにライブでは盛り上がる定番曲というのが、また素晴らしいです。

この曲の魅力が伝われば幸いです。