ミュージックマウス

ちゅーちゅー(ねずみ)による音楽を中心とした雑記ブログ。歌詞やライブだけでなくMVの世界観やストーリーにも注目します。

UVERworld「7日目の決意」考察 壮大なMVの隠された秘密を知った時涙が出た

f:id:choochoo0814:20190826080158j:plain
今回はUVERworldの「7日目の決意」のMVと歌詞を考察します。

「7日目の決意」は、UVERworldの26枚目のシングルで、2014年6月18日に発売されました。強く生きるように背中を押してくれる曲です。

この曲は歌詞はもちろんのことMVも素晴らしいので、ぜひ見てほしいです。

www.youtube.com

歌詞全文は以下のページにあります。

www.uta-net.com

 

1.7日目の決意の歌詞考察

1-1.1番Aメロ前のサビ

君は冬の夢を見て鳴く蝉
もしその願いが明日叶うと知ったら 7日目を生きたのかい?
悲しみだけなんて 忘れる事なんて出来ないから
今は全て忘れても良いよ いつかまた 大事な事だけを思い出せば良い

※歌詞より

 蝉は成虫では1週間しか生きられないと言われています。それでも精一杯生きています。そこから「君は明日願いが叶うとしても精一杯生きるかい?」と問いかけているよに感じます。また、悲しみだけを忘れることは出来ないから無我夢中に精一杯生きていいよと言っています。

1-2.1番Aメロ

 7日で世界を創造した神と
地震の一週間前に座礁して行くイルカの群れと
週末の東京駅 毎週泣いてるあの子との7日じゃ
どれが一番長いかな?

※歌詞より

 様々な状況の1週間を比較しています。どんな人でも1週間という長さは平等に与えられます。そこからみんな平等に時間を与えられているから精一杯生きてみようぜというメッセージが込められているように感じました。

戦争で左手を失った祖父に
死ぬ以上の悲しみが この世界に在ったか?と問えば
あると言えばあったな 無いと言えば無いがな
全てはお前次第

※歌詞より

 これはそのまま死ぬ以上の悲しみは存在するかどうかはお前次第というメッセージが込められています。

1-3.1番Bメロ

10代最後の日に あと一年頑張って何も変わらなかったら
もう人生ごと終わらせようと思ってた でもそれも出来なかった
きっと本当の死ぬ気の覚悟も知らず 生きてきた

※歌詞より

 死ぬ覚悟というのは想像以上だということを示しています。命はそれだけ重いという事です。それだからこそ精一杯生きてみようぜというメッセージが込められているようにも感じます。

1-4.1番サビ

君は冬の夢を見て鳴く蝉
明日こそ願いが叶う事を信じて 7日目を生き抜くんだね
なあ 僕達もそんな生き方していたいよな?
明日からでもなく 何かの記念日でもなく
どうしようもなく涙が出てしまった今日から変わって行けば良い

※歌詞より

 1番の冒頭でもありましたが蝉は1週間しか生きられませんが短い命でも精一杯生きています。そんな生き方に精一杯生きる姿に憧れています。ですが、そんな生き方は今からでも遅くありません。今この瞬間から精一杯生きようぜというメッセージが込められています。

1-5.2番Aメロ

いつも甘えた家庭に包まれ
友達が100人いて 恋人が何十人いたって
満足出来ない人もいて 自らある種の地獄へ向かって行く
でも僕は違う 家族に憧れ抱いたままでも
まだ上手く友達も作れずに 恋愛に臆病なままでも
前を向いて生きている 幸せも感じている
全ては自分次第

※歌詞より

 幸せの形は人によって違います。100億円持っていても不幸の人もいるし逆にお金がなくても幸せの人もいます。しかし人はないものねだりの為、何かを得てもすぐに満足できなくすぐにないものを得ようとします。それが歌詞にある「自らある種の地獄へ向かって行く」です。

しかし、何もなくても前を向いて精一杯生きているだけでも幸せを感じることは出来ます。それをするかどうかは自分次第だと言っています。

1-6.2番Bメロ

もう 今日からは死ぬ以上の悲しみは ここに無いと思って生きて行くよ
ならもう何も怖くない 誰がどう言おうと構わない
諦める必要もない 強く生き抜くよ

※歌詞より

 ここでは死ぬ以上の悲しみは無いと思っていくよと言っています。つまりこの曲の主人公は精一杯生きることに決心したそうです。

1-7.2番サビ

君は冬の夢を見て鳴く蝉
悲しくなんてないよ 一番大事な事は 叶うとか叶わないじゃない
欲しかった物は 此処に無い未来や過去じゃなく
その気持ちを失った時に 僕が僕じゃ無くなってしまう…
そう思える そんな生き方を

※歌詞より

 一番大事なのは夢がかなうかどうかではないと言いています。やはり一番大事なのは精一杯生きるかどうかです。なぜなら精一杯生きないと自分でなくなるからです。やはり自分らしく生きる=精一杯生きるなんです。

1-8.終盤

嬉しくて泣いてる人も 悲しくても笑ってる人にも
スローライフでゆっくり歩いても 充実感に過ぎる時を忘れていても

※歌詞より

 人によって色々な生き方があると言っています。こう生きれば幸せだという正解はあるはずないのです。

いつかきっと 僕も君も居なくなってしまう
例外無く終わっていく そこにどんな意味があるかなんて分かるはず無い

※歌詞より

 誰もがいつか死んでしまいます。そしてその生き方に何の意味があるかなんて誰も分かりません。

でも 君は冬の夢を見て鳴く蝉
7日目の夜も 夢を願う時だけは少し強くなれたんだね
なあ 僕達もそんな生き方をしていような
その最後まで 忘れたくないよ
夢を願う時 少し強くなれる僕らの日々

※歌詞より

 それでも精一杯生きることで人として強くなれます。そんな生き方をずっと続けてみたいものです。

f:id:choochoo0814:20190826230437p:plain

2.7日目の決意のMV考察

 7日目の決意には2種類のMVがあります。一つは本人出演ver。もう一つはストーリー形式です。そのストーリー形式のMVに登場するバスがかなり深い意味を持っています。

f:id:choochoo0814:20190826223425p:plain

このバスは実は人生を表しています。降りたら「死」ということを表現しています。そこから様々なシーンを見てみましょう。

・5分51秒辺り

f:id:choochoo0814:20190826223957p:plain

このシーンでは母親と見られる女性が子供が降車ボタンを押そうとしているのを止めています。子供が死ぬのを止めています。恐らく交通事故等から守ろうとしていると想像しました。

・6分18秒辺り

f:id:choochoo0814:20190826224224p:plain

このシーンでは、「十代最後の日~」という歌詞と同時に女子高生が自ら降りようとしますが出口の前で止まります。自殺しようとしていたが踏みとどまります。歌詞の通り本当の死ぬ覚悟もせずに生きてきたのでしょうか。それとも、今死んでも何も残らないからこれから精一杯生きていきたいと思ったのでしょうか。

・6分50秒辺り

f:id:choochoo0814:20190826225557p:plain

f:id:choochoo0814:20190826225620p:plain

このシーンでは、老夫婦がバスを降ります。しかし座席に赤い本を忘れていきます。これは、歌詞とTAKUYA∞の言葉「おじさんに明日死ぬのは怖いですか?との問いに今が楽しい。まだ生きたいと答えてくれたエピソード」から、長年連れ添ったから死ぬのは怖くない。でもこんなに素敵な世界だからまだまだ生きていたいというメッセージが込められていると思われます。


・7分56秒辺り

f:id:choochoo0814:20190826225703p:plain

f:id:choochoo0814:20190826225718p:plain

このシーンでは、カップルが泣いています。そしてカップルの男性が降りていきます。カップルの女性は愛する人の死に対して泣いて悲しんでいます。

 

f:id:choochoo0814:20190826225744p:plain

しかし最後には、笑顔で歌っています。そこから、それでも精一杯前に進んでいることを示していると思われます。


・9分41秒辺り

f:id:choochoo0814:20190826225840p:plain

f:id:choochoo0814:20190826225902p:plain

このシーンでは、弟と見られる少年が泣いています。そして兄と見られる少年が降りていきます。しかし、少年は笑顔で降りていきます。先ほどの泣きながら降りて行ったカップルの男性とは対照的です。そこから、精一杯生きてきたから蝉みたいに短い人生だけどくいはないというメッセージが込められているように感じました。

 

まとめ

 以上です。MVに登場するバスにとても深い意味が込められていて感動しました。歌詞も感動的で私自身も今までの人生、そしてこれからの人生について色々考えさせられました。

最後、人生が終わるとき最後の少年のように笑顔で終わりたいものです。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。実はブログだけでなくTwitterもやっています。宜しければぜひフォローをお願いします。

twitter.com