ミュージックマウス

ちゅーちゅー(ねずみ)による音楽情報ブログ。歌詞やライブだけでなくMVの世界観やストーリーにも注目するブログです。

乃木坂46 君の名は希望の歌詞を考察する 恋をして世界が一変した彼の物語

f:id:choochoo0814:20190827081316j:plain

本記事では乃木坂46の「君の名は希望」の歌詞を考察します。

この曲は 2013年3月13日に乃木坂46の5作目のシングルとして発売されました。

同曲は、2015年12月31日に乃木坂46が『第66回NHK紅白歌合戦』に初出場した際の歌唱曲です。また、2016年3月26日から生田絵梨花がピアノ演奏した音源によって、東京メトロ千代田線・乃木坂駅の発車メロディとして使用されています。

www.youtube.com

 

 

 

1.歌詞を考察

1-1.1番

僕が君を初めて意識したのは
去年の6月 夏の服に着替えた頃
転がって来たボールを無視してたら
僕が拾うまで
こっちを見て待っていた

※「君の名は希望」の歌詞より 作詞:秋元康

 この歌詞では主人公が君(好きな人)との最初の出会いを描いています。着替えたでこれからの変化を暗示しています。

透明人間 そう呼ばれてた
僕の存在 気づいてくれたんだ

※「君の名は希望」の歌詞より 作詞:秋元康

 主人公は孤独で一人ぼっちで友達はいませんでした。しかし、自分の存在に気付いてくれる人に出会いました。

厚い雲の隙間に光が射して
グラウンドの上 僕にちゃんと影ができた
いつの日からか孤独に慣れていたけど
僕が拒否してた
この世界は美しい

※「君の名は希望」の歌詞より 作詞:秋元康

 「厚い雲の隙間に光が射して」で孤独のため絶望的に思えた世界が明るくなったと解釈できます。そして、自分に影ができることによって透明人間ではなくなります。つまり誰かから存在を認知されるようになり、自分という存在ができます。そして世界が明るくなったことによって、この世界が美しく感じます。

1-2.1番サビ

こんなに誰かを恋しくなる
自分がいたなんて
想像もできなかったこと
未来はいつだって
新たなときめきと出会いの場
君の名前は"希望"と今 知った

※「君の名は希望」の歌詞より 作詞:秋元康

今まで世界を拒絶していた主人公ですが「君」と出会ったことによって世界が美しくみえました。そんなことになるなんて主人公は想像できなかったと言っています。

また未来では何が起こるか分かりません。「君」のような素晴らしい人間と出会う可能性もあります。その為、未来はいつだって新たなときめきと出会いの場と言っています。 

 

1-3.2番

わざと遠い場所から君を眺めた
だけど時々 その姿を見失った
24時間 心が空っぽで
僕は一人では
生きられなくなったんだ
※「君の名は希望」の歌詞より 作詞:秋元康

 2番では主人公の心情が大きく変化しています。今まで孤独になれていたり世界に拒絶していた主人公ですが一人では生きられなくなりました。

孤独より居心地がいい
愛のそばでしあわせを感じた

※「君の名は希望」の歌詞より 作詞:秋元康

 孤独より「君」といるほうが幸せだと言っています。愛とは君のことを指していると思われます。

人の群れに逃げ込み紛れてても
人生の意味を誰も教えてくれないだろう
悲しみの雨 打たれて足下を見た
土のその上に
そう確かに僕はいた

※「君の名は希望」の歌詞より 作詞:秋元康

 この歌詞では人と群れていているだけでは人生の意味は知ることは出来ないと言っています。誰かに恋することによって人生の意味を知ることになるからです。また土の上に確かに僕はいたで改めて自分の存在があることを示しています。

1-4.2番サビ

こんなに心が切なくなる
恋ってあるんだね
キラキラと輝いている
同じ今日だって
僕らの足跡は続いてる
君の名前は"希望"と今 知った 

※「君の名は希望」の歌詞より 作詞:秋元康

 恋によってこの世界が輝いているように見えると主人公は言っています。また僕ではなく、”僕ら”になってます。これによって歩む人生を自分だけでなく「君」の方にも注目していることが分かります。

1-5.終盤

もし君が振り向かなくても
その微笑みを僕は忘れない
どんな時も君がいることを
信じて まっすぐ歩いて行こう 

※「君の名は希望」の歌詞より 作詞:秋元康

 もし恋が叶わなくても幸せだと主人公は言っています。また、恋によってまっすぐ人生を歩んでいこうと言っています。

何にもわかっていないんだ
自分のことなんて
真実の叫びを聞こう
さあ

※「君の名は希望」の歌詞より 作詞:秋元康

 恋によって大きく人生が変わった主人公ですが、今まで自分のことは何も分かっていませんでした。

こんなに誰かを恋しくなる
自分がいたなんて
想像もできなかったこと
未来はいつだって
新たなときめきと出会いの場
君の名前は"希望"と今 知った

※「君の名は希望」の歌詞より 作詞:秋元康

 そして恋によって動かせる自分がいたなんて想像できなかったといっています。そして未来は新たなときめきの出会いです。つまり未来は希望との出会いとも言えます。

希望とは
明日の空
WOW WOW WOW

※「君の名は希望」の歌詞より 作詞:秋元康

 希望とは明日の空。つまり希望とは未来とも言っています。

2.まとめ

以上です。君の名は希望は名曲ですね。人を好きになることによって主人公の世界が一変する光景が美しく描かれています。歌詞の比喩表現がとてもうまいです。この名曲をいつか生で聴いてみたいです。