ミュージックマウス

ちゅーちゅー(ねずみ)による音楽を中心とした雑記ブログ。歌詞やライブだけでなくMVの世界観やストーリーにも注目します。

WASEDA ARENA SUMMIT×学祭JACK BiSHライブレポ~初めてBiSHのライブに行った素直な感想~

f:id:choochoo0814:20191102214422j:image

早稲田大学の学祭でのBiSHのライブに行ってきました!

一つ言っておくと私はBiSHについてはほとんど知らないし、もちろんBiSHのライブは初めてだ。

なぜならばBiSHについてはアメトークでハマったいわゆるアメトーク新規であるからだ。

でもBiSHのライブはすごい期待していた。アメトークでの芸人のトークやMステでBiSHのパフォーマンスはすごいということを知ったし、Youtubeでそのパフォーマンスの凄さに驚かされたからだ。

 

アイナジエンドさんのハスキーボイス

私は事前にYoutubeでBiSHの曲をある程度予習していた。その時の印象はアイナジエンドさんのハスキーボイスが凄いという印象だ。

だから、アイナジエンドさんのハスキーボイスに期待してライブ中はアイナジエンドさんをずっと注目しようと思っていた。ある意味、それが一番の目的でもあった。

 

ライブ開幕

最初にBGMと共に画面にタイトルが表示され”GiANT KiLLERS”の激しいイントロとともにライブが開幕した。

最初からBiSHのメンバーらは飛ばしていた。初めてのBiSHのライブでいきなり激しい曲。

しかし不思議とすぐに慣れて、むしろもっと激しい曲を欲している自分が居た。

そして、"遂に死"も最初のイントロから激しい曲だ。更に歌詞も攻撃的だ。可愛らしい姿からは想像出来ないほどのパフォーマンスだった。

そして気がついたらアイナさんではなく茶色の髪のメンバーつまりチッチさんを追っている自分が居た。チッチさんのパフォーマンスに素晴らしさに思わず目で追ってしまったからだ。

その後は"DiSTANCE"。この曲は1番のサビのアイナさんのハスキーボイスが好きだから、この曲も好きだった。だから生で聞けることに感動した。しかし、よく聞いてみると2番のサビのハシヤスメさんの声や他のパートでもチッチさんの声など、どのメンバーにも魅力が詰まっている曲ということが分かった。

そしてアイナさん以外の他のメンバーも気になり始めた。他のメンバーには興味がなかったのに。

 

ゆるいMCからのギャップ

ここでMCが入った。MCでは自己紹介や学祭の思い出、天気がいいといった内容を話していて、とてもゆるい感じだった。歌を歌っている時とは全く違うギャップにだった。

そして立て続けにHiDE the BLUE、VOMiT SONG、優しいPAiN。正直これらの曲は新規の僕には知らない曲だったしアルバム曲だから恐らくアメトーーク見てこのライブに参戦したような人は僕みたいにあまり知らない感じの人は多かったかもしれない。攻めたセトリだ。

しかし、BiSHのパフォーマンスは素晴らしかった。だから知らない曲でも盛り上がることが出来た。

そして自然とアユニさんを目で追ってたり、チッチさんの声に注目したりしている自分が居た。最初はアイナさんのハスキーボイス目当てで来たのに。

 

MCですべるハシヤスメからのラストスパート

MCに入った。MCでは早稲田についてトークをしていた。早稲田の学祭にモモコさんは来た事があるみたいだ。ラーメンと映画がいいと話しつつファンに何がいいか質問をしたりしていた。

そして、ハシヤスメさんが謎のギャグ?をやったが滑っていた。でも、それがいいと思っている自分が居た。ハシヤスメさんのあの度胸とよく分からない感じが魅力に感じた。

ライブ後半となるこの辺りではどのメンバーにもそれぞれ注目して見ていた。

モモコさんは小さくて可愛いし、アユニさんは頑張っていることがすごい伝わるパフォーマンスに胸を打たれたし、リンリンさんはカッコよくてメンバーで一番イケメンだし、ハシヤスメさんのあの度胸も素敵だし、チッチさんは自然と目で追いたくなるパフォーマンスだし、アイナさんはやっぱりあのハスキーボイスは素敵だなと感じていた。

そう、元々アイナさん目的で来たのに気がついたらメンバー全員好きになっていた。

 

そしてSmall Fish、OTNK、星が瞬く夜にと来た。激しいギターのイントロが印象的なSmall Fish、意味不明な歌詞が印象なOTNK、そして今日のライブ一番の盛り上がりを見せた星が瞬く夜にだ。

特に星が瞬く夜には常に激しかったしファンとの一体感を一番感じた曲でもあった。ラストの部分は隣のファンと肩を組みヘドバンする振りあった。新規の僕は当然知らなかった為、最初いきなり肩を組まれた時は驚いて何が始まるんだと思った。ステージではBiSHのメンバー全員が肩を組んでヘドバンしている。前も後ろの列のファンも肩を組んでヘドバンしている。なるほど、こういう振りがあるんだとなった。その時の一体感は凄かった。

この曲は盛り上がるから人気というのももちろんあるが、やはりファンとメンバーが一体になれるだからこそファンで特に人気の高い曲だということが改めて分かった。

 

アンコールからラストへ

アンコール後ではチッチさんが、ファンの皆さんとこの会場を用意してくれた早稲田祭の実行委員への感謝の気持ちを話した後オーケストラを歌った。

オーケストラは個人的に一番好きな曲だ。なぜならアイナさんの声の魅力が一番出ている気がするからだ。

でも、この時見る気持ちは違った。BiSHのそれぞれのメンバー全員パフォーマンスに注目してみるようにしていた。BiSHのメンバー全員輝いていた。やはりBiSHのメンバー6人それぞれ輝いているからこそ今があるということを改めて感じた。

元々私がBiSHに興味を持ったのはアイナさんのハスキーボイスでそれが魅力だと思っていたが、実際はそれだけではなく色々なメンバーの魅力が詰まっている”ワンチーム”であるということに気づけた。 

 

まとめ

以上です。BiSHのライブ初めてでしたが、とても楽しかったです。BiSHのメンバーそれぞれパフォーマンスに特徴が出ていてそれがしっかりとワンチームとなっているからこそ今の人気に繋がっていると感じました。

それと撮影OKということを知らなくて一眼レフのカメラを持って行かなかったことに少し後悔している自分がいるため、リベンジするため一眼レフのカメラを持ってまたいつかBiSHのライブに参戦したいです。

f:id:choochoo0814:20191102224410j:image

 

セトリ

・GiANT KiLLERS
・遂に死
・DiSTANCE
 MC
・HiDE the BLUE
・VOMiT SONG
・優しいPAiN
 MC
・Small Fish
・OTNK
・星が瞬く夜に

アンコール
・オーケストラ

 

 

以下はBiSH関連の記事となっています。

www.mousemusicblog.com

www.mousemusicblog.com

www.mousemusicblog.com