ミュージックマウス

ちゅーちゅー(ねずみ)による音楽を中心とした雑記ブログ。歌詞やライブだけでなくMVの世界観やストーリーにも注目します。

東海大学第11回高輪建学祭「最上もがトークショー」イベントレポ~もがさんはまっすぐな人間だった~

f:id:choochoo0814:20191102152611j:image

11月2日に東海大学での学祭の最上もがのトークショーに行ってきました!

最上もがさんのイベントは実は去年にもが単というトークイベントに参戦していて、ファンまでいかないが気になる存在であった。

そんな最上もがさんのイベントに一年ぶりに参戦した。

トークショーに関しては主に4つのコーナーに分かれていた。

・フリートーク

・イラストで答える質疑応答

・質疑応答からのトーク

・プレゼント抽選会

そして、それらのコーナーをフリーアナウンサーの方が司会進行の形で進めていく形式となっていた。

 

1.フリートーク

フリートークに関しては東海大学の学祭の印象や最近の近況報告について話されていた。監視カメラやVRについての話をしていた。ずっと家にいたいからVRで仕事をしたいともがさんが話をしたら会場がどっと笑いに包まれた。すごく、もがさんらしさが出ていた場面でした。

 

2.質疑応答をイラストで答える

箱から質問が書かれている紙をもがさんが引き、その質問の回答をもがさんがイラストで答え、そのイラストを見てもがさんは何のイラストを書いているかを答える。そして3回以内にファンがイラストの内容を当てれば、もがさんにプレゼントが貰えるという内容でした。

質疑応答の受け答えは以下の通り。

質問:衝撃を受けた食べ物

ファンの回答

一人目:チーズドック(正解!)

答え: チーズドック

 

質問:どこに行ってみたい?

ファンの回答

一人目:南の島、ハワイ

二人目:誰もいない島

三人目:サイパン

答え:グアム

 

質問:最近見た夢は?

ファンの回答

一人目:溺れる夢

二人目:落とし穴に落ちる

三人目:泥沼にはまる(正解!)

答え:泥沼にはまる

 

3.質疑応答からのトーク

質疑応答ではファンからの質問に対して答えるという形でした。基本的に一言でさらっと答える形でゆるーい形で進んでいきましたが、「自分に自信を持てません」という質問に関してはもがさんが熱く語っていて、もがさんの熱い想いが垣間見れた質疑応答でした。

ちなみに質疑応答の主な受け答えは以下の通り。

質問「顎がしゃくれている」→もが「はい、次!(スルー)」

質問「好きなサンドイッチの具」→もが「卵、ピーナツ」

質問「最近ハマっているもの」→もが「ウォーキングデッド。前はドラクエにハマっていた。でも熱しやすくすぐに飽きやすいタイプだから飽きた。ちなみにプレイ時間は500時間。」

質問「使っている口紅」→もが「忘れた。インスタにあげるから見て」 

質問「今年中に何をやりたいか」→もが「1年で区切るということをやっていない。30代の内に恋愛したいです。でも結婚はいいです。結婚は無理だと思っているので。」

質問「自信がない」→もが「私も自信はないよー。それじゃ資格取れば。取れば自信に繋がるし。それと自信は洗脳だよ。毎晩寝る前に自分は出来ると言い聞かせて洗脳させる。よく実力ないのに自信だけある者いるじゃん。そういう人は自分に言い聞かせて洗脳させているんだよ。でも、やっぱり資格かな(笑)ちなみに私は乗馬のライセンス持っているんだよ」

司会「すごいじゃないすか!!」

もが「でも5級ライセンスだから小学生でもとれる笑 でも資格持っているだけですごいって言われるから、まず自分が興味ある資格を取ればいいんじゃない」

 

4.プレゼント抽選会

 プレゼント企画ではもがさんが席の番号が入っているくじを引き、引いた席の番号の人がサイン色紙を貰えるというコーナー。もがさんはいつもよく来てらっしゃる人が当たっている不満があるそう。その為、急遽サインの持っている人はスルーされるというシステムになった。

1回目、2回目、3回目とよくイベントに来てる人に当たったが、4回目についに初めてイベントに来た学生さんに当たった。その時の反応がかなり大きかった為、面白かった。他も初めての人が当たる形になった。反応がやはり初々しい感じだったのは面白かった。

 

5.全体を通しての感想

 全体を通して、もがさんはとても素直な方だという印象を受けた。もがさんは自分が思ったことを素直に隠さず全部言っていた。例えば「学祭の思い出は?」という質問に対して、もがさんは「そもそも学校に全然行ってなかったからない」と答えづらいことも正直に言っていた。また自分に自信がないということや自分は変わっているというようなことも言っていた。

それでも、もがさんは素直に言っているのはもう過去のことはもういくらやろうが何も変わらないから、もう振り切って前しか見ていないからだろう。

過去を振り返らず、ひたすら前を見て生きるもがさんは素敵だと感じた。

 

まとめ

 以上です。最上もがさんのイベント1年ぶりでしたが十分に楽しむことが出来た。もがさんの天然っぷりと素直な感じは1年前に参戦した時と全く変わらなかった。またトークショーがあれば参加したいと思った。

 

以下は関連記事です。

www.mousemusicblog.com