ミュージックマウス

ちゅーちゅー(ねずみ)による音楽情報ブログ。歌詞やライブだけでなくMVの世界観やストーリーにも注目するブログです。

キュウソネコカミ「ハッピーポンコツ」歌詞考察。ポンコツに向けたキュウソ流の才悩人応援歌!

f:id:choochoo0814:20191116182020j:plain
キュウソネコカミの「ハッピーポンコツ」という曲はメジャーレビュー曲として2015年7月22日「MEGA SHAKE IT!/ハッピーポンコツ」が発売された。

 今回はその曲の中から「ハッピーポンコツ」の歌詞を考察します。

 

 

 

1.ポンコツな主人公の本音

この曲の主人公はポンコツです。一生懸命にやっているのに上手くいかない人間に対する応援歌です。

一生懸命やっているのになんかズレてる
一生懸命やっているのに笑われてる

※「ハッピーポンコツ」の歌詞より 作詞:ヤマサキセイヤ

一生懸命頑張っているつもりなのに笑われているし上手くいかないです。世間でポンコツと呼ばれている人間って周りから愛されていて幸せのように感じるかもしれない。

例えば一時期テレビで”塩対応”として人気が出ていたぱるること島崎遥香さんはポンコツキャラとしてテレビにたびたび出演していました。

本人はその気はないけど塩対応として扱われたりするしダンスも決してうまくはないからポンコツとして扱われる。それに対してテレビではポンコツで周りから愛されていると紹介されているから世間からは幸せそうというイメージがあります。

しかしポンコツの本人は決してそうは思ってはいないです。

何をやっても上手くいかないし真面目にやっているのに周りからは笑われる。自己肯定がとても低くて辛いです。なかには真面目にやってないように見られ否定してくる人も現れます。つまりポンコツの人間は実はこの世界では生きづらさをすごく感じている人なのです。

 

2.完璧でなくても8割くらいこなせばやっていける

そんなポンコツの人間はどうやったら生きづらさから解消されるのか?その答えがハッピーポンコツの中にあります。

大体モグモグしてればハッピーで 僕ら何度でも立ち上がれるんだ
泣いても そうハムハムしてればハッピー

※「ハッピーポンコツ」の歌詞より 作詞:ヤマサキセイヤ

何か食べていれば幸せを感じる...そうこれはポンコツの人間に限った話ではないかもしれませんが、ちょっとしたことで幸せを感じることが出来れば生きづらさを解消出来ます。

実際、私も美味しいものを食べている時の幸福感はすごいです笑

だから嫌なことがあったら美味しいものを食べてストレスを発散させています。

それに食べるなど身の回りのちょっとした出来事に幸せを感じることが出来ればいいのではないかと思います。

例えば、朝に目玉焼きを美味しく作ることが出来た、テレビの占いで一位だった、昨日より少し仕事が出来るようになった...など。そんなメッセージがハッピーポンコツに入っています。

8割ぐらい仕事こなしていれば 大丈夫社会でやっていけるよ
完璧な人間なんて一握り

※「ハッピーポンコツ」の歌詞より 作詞:ヤマサキセイヤ

そして8割くらい仕事が出来ればもう大丈夫というのは何も完璧を目指す必要はないということです。

よく黒と白という出来るか出来ないかという判断で物事進めがちですが実際はよくないと考えます。白と黒だけではなくグレーでも大丈夫なのです。

完ぺきではなく少ししか出来ないでも大丈夫です。それを長い目で見ればいつか必ず出来るので。いつか出来れば今が出来るか出来ないかは関係がないのです。だから黒か白ではなくグレーの目でも見てはいかがと思うし、そんなことがこの歌詞には入っていると感じます。

 

3.キュウソはハッピーポンコツインザワールドを広めたい?

世間に誤解されがちのポンコツ。この考えを世間に浸透させてハッピーポンコツインザワールドにしたいというセイヤさんの考えが曲から感じ取れます。

ハッピーでポンコツで最高なこの感じ
全人類に広まれば ハッピーポンコツインザワールド

※「ハッピーポンコツ」の歌詞より 作詞:ヤマサキセイヤ

完璧でなくてもグレーでもいい、モグモグしていれば幸せ、そんな考えが当たり前ならポンコツの人でも生きやすいし他の人たちも生きやすいのではないかと思います。

このハッピーポンコツな考えが全人類に広める為に作った曲といえるかもしれません。

 

まとめ

以上です。誤解されがちのポンコツの性格がこの曲には入っています。そしてそのポンコツに対する応援歌となっています。この考えが広まってハッピーポンコツインザワールドになれば、最高の世界になるのではと感じています。

ポンコツの住民が住み、そのポンコツである考えが世に浸透しきっている世界...

自分もハッピーなポンコツであるインザワールドに暮らしていたいです笑