ミュージックマウス

ちゅーちゅー(ねずみ)による音楽情報ブログ。歌詞やライブだけでなくMVの世界観やストーリーにも注目するブログです。

欅坂オンラインライブレポ~KEYAKIZAKA46 Live Online, but with YOU!~

f:id:choochoo0814:20200720074740j:image

欅坂が初のオンラインライブを実施した。そして、そこで改名発表もあった。

それらの感想を語っていく。

一言で言うと、無観客を活かしてステージを広く使った素晴らしいライブでした。

 

 

 

0.Overture


1.太陽は見上げる人を選ばない

欅坂のメンバー全員によるパフォーマンスでした。今思うとこの曲の歌詞と改名への想いは繋がっているように感じました。


MC

ここでMC。初のオンラインライブへの想いを語っていました。


2.エキセントリック(C:土生ちゃん)

トラックに追いかけられる演出の後に、トラックや車に囲まれたステージでパフォーマンスをした。

平手さんがいないからドス黒い低音の声が聞けないかなと思っていましたが、個人的に松平さんの声が良かったです。

 


3.東京タワーはどこから見える?(C:森田ひかるちゃん)

東京タワーの背景をバックに鉄筋のステージでパフォーマンスをしていました。

 
4.Student Dance(C:森田ひかるちゃん)

教室のようなステージで各メンバーが様々なパフォーマンスをしていました。

客席がない分ステージを広く使ったパフォーマンスが素晴らしかった。


5.Nobody(C:ゆいぽん)

小林由依さんがセンターを務めるたびにパフォーマンスの素晴らしさに感動するんですが、今回も素晴らしかったです。


6.アンビバレント(C:みぃちゃん)

小池さんセンターは初めて見たのですが、かなり素晴らしかったです。

あのパフォーマンスリョクの高さはもっと多くの人に知ってもらいたいです。


換気タイム、MC、インタラクティブタイム、新2期生自己紹介

ここで唐突に換気タイムが入り、MCへ。

新二期生の自己紹介では守屋麗奈さんがまとめ役になっていました。グッズ紹介でも登場しましたし運営は新二期生の中では守屋麗奈さんを推していきたいのかなと思いました。

 


7.大人は信じてくれない(C:天ちゃん)

天ちゃんセンターのパフォーマンスは素晴らしかったです。

若くて、このパフォーマンスは平手さんを思い出させるパフォーマンスでした。

 

8.避雷針(C:理佐)

理佐センターの避雷針は初めてではないでしょうか。走る理佐を受け止めていたのは、まさかのゆっかーでした。

この曲の雰囲気は昔から好きなんですよね。もうすぐ聞けなくなるのは本当に寂しいです。


9.風に吹かれても(C:ゆいぽん)

ゆいぽんセンターは風に吹かれてもは、センター慣れしていることもあって安定感は凄かったです。


10.ガラスを割れ!(C:ゆいぽん)

ゆいぽんセンターのガラスを割れ!はステージを広く使って、すごくカッコ良かったです。紅白のガラスを割れ!の時もカッコ良かったですが、今回も素晴らしかったです。

やはり、ゆいぽんはセンターはなかなか似合いますね。

 

 

改名発表

ガラスを割れの披露後激しく息切れしながらゆっかーから欅坂がこの5年間の歴史に幕を閉じること。そして、新しいグループ名に生まれ変わることの発表がありました。

メンバーのほとんどが泣いていて凄まじい決意の元に決められたことが分かりました。

そしてゆっかーの話の中で、メンバーの卒業が相次いだこと、欅坂の名前が一人歩きしたこと、好きだからこそ考えれば考えるほど辛くなること、そして大切にしていたものを一度手放すことでそこを新しく埋めることでまた歩き出せるようなことを話していました。

改名発表を聞いた時は最初は受け入れられない気持ちでしたが、徐々に改名の選択は正しいと思えるようになった。

今の欅坂は良くも悪くも平手のイメージが強すぎて、そして相次ぐ卒業で世間のイメージも良くないかもしれない。

それらの壁を今のままで乗り越えるのは難しいし、現状より更に悪い方向に進むかもしれない。

そう考えると改名は正しい選択だと思えるようになりました。

欅坂を守りたい、欅坂を日本一のアイドルにしたいと言っていたゆっかーを思うと胸が苦しくなるが、メンバー全員が前を向いています。

私はそれを信じて、これからも応援していく。


11.誰がその鐘を鳴らすのか?(C:ゆいぽん)

ここで新曲の初披露。センターはゆいぽんのように見えたけど、場面によってセンターが入れ替わっていたので明確にはセンターなしかも。

この曲は最初のゆいぽんのポエムの部分がまずいいですね!ここで、一気に曲に引き込まれます。

後はサビの後半のキレキレダンスは揃っていてかっこいいです。

しかし、改名発表直後だからか泣きながらパフォーマンスをしていたメンバーもちらほらいました。

でも、ラストシングルとしては相応しい素晴らしい曲でした!

 

 

 以上です。

改名発表をされた時はすごく寂しい気持ちになりましたが、メンバーの皆さんのブログでの発言を見ていると受け入れて前を向いているので、私も改名について前向きに考え、これからどんな名前に変わろうと応援していきます。